筋トレ・ダイエット

ジムに通っても痩せない本当の理由!「知らない内に陥る失敗とは?」

ダイエットの為にジムに通っているのに、なかなか結果が出なくてジムに通うモチベーションが下がってしまっているあなた。実はトレーニング方法を間違えて、知らない間に痩せにくい体質に変わってしまっているかもしれませんよ?

ほとんどの方はジムに通って運動しているんだから、そんなことあるわけないでしょ?って思われる人が多いと思います。ですがこれは本当に現実に起こりえる問題です。せっかく高いお金と、時間を使ってジムに行ってるので確実に結果を出して欲しいと思います。そこで今回はジムに通う時に気をつけるべき事を紹介していきます。

悩みのポイント

  • 痩せる為にジムに通っているのに結果が出ない。
  • 実際のところ何をしていいか分からない。
  • 有酸素運動と無酸素運動ってどっちが優先?

本記事の信頼性

リッキー
リッキーです!
筋トレの事なら任せて!

✅筋トレ歴20年以上の実績あり。

✅スポーツ特化型の人生を送る。

✅数々のプロテイン・サプリを実際に使用してのアドバイス。

スポーツと筋トレの実績から紹介させていただきます

痩せるためには基礎代謝量を意識すべき

基礎代謝とは主に、座っているときや寝ているときなど、特に何もしていない状態でもエネルギーが消費されている、必要最低限のエネルギーのことです。筋トレを継続して行く事により筋肉量が増えます。そして、それにともなって向上するのが基礎代謝量です。

基礎代謝量が向上することにより体内のエネルギーが多く消費されるため、太りにくく、痩せやすい体質に改善することが可能です。これによりダイエット効果にも十分期待出来ます。

基礎代謝が低い事で痩せにくい身体になってしまってる可能性が…

いつも定期的にジムに通って運動しているのに、なかなか痩せない。もしかしたら原因は、基礎代謝が低いからかもしれません。
基礎代謝が高いほど、当然ですが多くのカロリーが消費されるので、痩せやすく太りにくい(リバウンド)しにくい身体になります。

それとは反対に基礎代謝が低いと、カロリーが消費されにくく、痩せにくい身体になってしまいます。ですから周りの人と比べ、同じ回数ジムに通っていたとしても、基礎代謝が高い人と低い人とでは、痩せる速度も変わってきます。


これは運動による脂肪の燃えやすさに違いでて、運動によるダイエットで得られる効果と効率が違ってきます。習慣的にジムに通っているのにも関わらず、なかなか痩せない人は、基礎代謝が低く、痩せにくい身体になっている可能性が高いと言うわけです。

トレーニングのやり方で基礎代謝が知らない内に下がっている場合がある

基礎代謝が低い原因は様々ありますが、ジムで行うトレーニングの仕方で、結果的に基礎代謝を低下させる原因になっている場合もあります。ダイエットにおいて、効率よく効果を出し、痩せていくには筋肉量を増やすことが大事になってきます。

筋肉量が増える事によって、基礎代謝が上昇し、より多くのカロリーを消費してくれます。そのためジムでのトレーニングで、カロリーを消費しやすく痩せやすい体になります。

しかし、せっかくジムに通っていても、トレーニングの仕方が良くないと、逆に筋肉を減らしてしまうことにつながり、基礎代謝が下がって、ますます痩せにくい体を作ってしまうのです。


ですからジムに通って効率的に効果を出し、痩せるためには、しっかりとトレーニングするポイントを押さえて行っていくことが大事になります。

腹筋や二の腕などの小さい筋肉のトレーニングしかしていない

ジムに通っている女性に特に多いのが、腹筋や二の腕(上腕二頭筋)などの比較的、身体の中で筋肉量の低い部位ばかりをトレーニングしてしまうという事です。もちろん太ってくると特に気になる部位で、集中的にトレーニングをしようと思う気持ちは分かります。

ですがダイエットの為に行う筋トレとしては残念ながら不正解です。いくら筋肉量の少ない部位ばかりを鍛えたところで、なかなか身体の基礎代謝量は上がりません。痩せやすい身体作りをしていくためには、身体の中で大きい筋肉を鍛えるのが最も早く結果を出すコツでもあります。

ランニングなどの有酸素運動しかしていない

ジムに通っていると、ひたすら何時間もランニングマシーンに乗って有酸素運動ばかりをやっている人を見かける事も多いですよね?やはりダイエットのイメージは何時間も走ったりする有酸素運動がいまだに、最優先と思っている方も多くいると思います。

たしかに有酸素運動はダイエットに効果的です!有酸素運動はエネルギーを多く消費しやすくて、瘦せるためにとても効果があると勘違いしている人も多いのではないでしょうか?

有酸素運動(20分)の消費カロリー

  • スイミング 400kcal
  • サイクリング 200kcal
  • ジョギング 160kcal
  • ウォーキング 70kcal

このように有酸素運動は脂肪燃焼を促して効果もありますが、注意するべき点もあります。

意外と有酸素運動だけではカロリー消費は大変

ランニングマシーンなどをジムで行う人は多いですよね。でもランニングで消費できるカロリーは実はあまり多くありません。本人の体重や走る速さも関係してきますが、約30分ランニングをしてやっと200~280kcal(おにぎり1~2個分)ほどのカロリーを消費できます。

ポイントは有酸素運動だけでは無くて、合わせて筋トレを取り入れる事が重要になってきます。身体の筋肉量を増やし、基礎代謝アップを狙うのがジムで結果を出して痩せるためには必要になってきます。
有酸素運動にプラスで筋トレを取り入れることで、同じ運動量でもより多くのカロリーを消費しやすくなるので、ダイエットの効率アップにとても効果があります。

空腹の状態のまま運動をしてしまう

トレーニングの時には空腹の状態で運動をしてしまう人が結構多いですが、実はこれは非常に身体に負担がかかる状態になっている事が多いです。栄養が足りない状態でトレーニングを始めてしまう事で身体の筋肉が減ってしまい、結果的に基礎代謝量が減少し、痩せにくい身体になってしまう危険があるのです。

私たちの身体は空腹になると、脂肪より先に筋肉を分解してエネルギーを生み出そうとします。この現象を「カタボリック」といいます。

カタボリックとは?

カタボリックとは「異化」と訳され、筋トレ界では、筋肉の分解といった意味で使われる。(筋肉異化作用のこと)。逆にアナボリックは「同化」と訳され、筋肉が生成される意味で使われる事が一般的です。 「トレーニングでカロリーや栄養素を消費しているのに、食事で十分なカロリーと栄養素を補給できなかったとしましょう。 これは、簡単にいえば体が飢餓状態に陥っているということ。飢餓状態に陥ると、身体は脂肪分解より先に、筋肉を分解してしまうのです。

このようにカタボリックにならないようにするには、運動前に栄養補給をしっかり行っていく事がとても大事になってきます。基礎代謝を上げて、効率よく痩せていく為に大切な筋肉を減らす事だけは絶対に避けていきましょう。

食事の管理が出来ていない

ダイエットをする上で避けて通れないのが食事の管理です。もちろん運動することは、とても大事になってきますが、「効率よく痩せる」と言う観点からみれば、筋トレや有酸素運動よりも重要な考え方かもしれません。

効率よく痩せるための食事で大切な事は、食べる量やカロリーを気にすることよりも、食事のバランスを整えることが重要になってきます。特に三大栄養素であるタンパク質、炭水化物、脂質のバランスを意識しましょう。
ダイエットをする時に大切な食事の基本は、タンパク質を多くとり、脂質を控えること。タンパク質は三大栄養素の中でも太りにくく、筋肉の材料にもなる栄養素。ですから筋肉量を増やして基礎代謝を上げるためにも、十分なタンパク質量を摂取する事が大事になってきます。

プロテインを普段の食生活に取り入れる

「重要な栄養素」である「たんぱく質」が不足してしまうと、身体に不調が起きたりする可能性が高くなる。

また身体に必要な「材料」である「たんぱく質」が不足すると、体調不良・ケガをしやすくなる・身体の回復が遅くなるなどの弊害が出てきてしまいます。筋トレやダイエットをしっかりと行っているのに、ボディーメイクが上手くいかないなどのデメリットもあります。

そこで普段の食事からでは摂取しきれない、たんぱく質を補うためにはプロテインパウダーが最も適しています。

食事のみで、たんぱく質を摂る時に比べ、カロリーや脂質も抑えられ、まさに理想的です。

マイプロテイン公式ページはこちら
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

ヨーロッパNO.1のプロテイン、サプリメント、スポーツウェアを販売するブランド。 特にプロテインは国内最安値といえるほどの低価格と、60種類以上の豊富な味・フレーバーが特徴的。 低価格でなおかつ高品質な商品をご用意しております。

お得なマイプロテイン公式ページはコチラ

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

その他にも実際に私が使用してきた中でも、しっかりと続けていけるコストパフォーマンスが高い商品をこちらの記事で紹介させて頂いていますので是非参考にしてみてください。おすすめプロテイン厳選4種類

しっかりと身体を休める休息日を設ける

ダイエットをする時に陥り易いミスは筋トレや運動をやりすぎてしまうという事です。毎日のように筋トレや運動を何時間もやってしまう…。イメージ的には身体を動かせば動かした分だけカロリー消費が増えて痩せやすくなると勘違いしている人も多いです。

なぜ休息日を設けるのかというと、答えはとても簡単な事です!それは筋肉を成長させるためには欠かせない事であり、太りにくい身体を作るのに重要な「基礎代謝量」アップに繋がるからです。

筋肉を成長させるためには「破壊」と「修復」を繰り返していく必要があるのです。この言葉だけ聞くと怖い話のように聞こえますが、そんなことはありません。筋トレを行う事で筋肉に刺激を与え、発達を促します。これが「破壊」となるのです。

一方で「修復」は筋トレを行う事で受けたダメージを、筋トレを行う前の状態よりも少し筋肉を強化して発達させていくイメージです。これの繰り返しによって筋肉は少しづつ成長し、筋肥大が行われるのです。

筋肉は今の状態よりも、より良くなろうとする働きにより筋肉は発達していきます。この現象のことを「超回復」と呼んでいます。



「超回復」は一般的に48時間~72時間(2~3日)の休息が必要とされています。休息を取らずにトレーニングすることは、筋肉が十分に回復していない間に再び筋肉が「破壊」されてしまうということです。

ですから筋トレをする際は毎日同じ部位をするのではなくて、必ず休息期間を設けるようにして下さい。しっかりと筋肉を回復させることで成長は促進されていきます。

筋肉の回復のために最も重要なこととは?
しっかりと休息を取ることがとても大事になりますが、回復させる為には十分な栄養補給がとても大切になります。そこで最も手軽に栄養補給出来るものと言えば?
プロテインパウダーを活用して行きましょう!!

プロテインパウダーには筋肉の発達に必要なたんぱく質はもちろん。他にも様々なアミノ酸やビタミンが豊富に含まれている為、身体の疲れなども和らげてくれます。
トレーニングを効率的に行う為にも是非プロテインパウダーを取り入れてみて下さい。

マイプロテイン公式ページはこちら
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

ヨーロッパNO.1のプロテイン、サプリメント、スポーツウェアを販売するブランド。 特にプロテインは国内最安値といえるほどの低価格と、60種類以上の豊富な味・フレーバーが特徴的。 低価格でなおかつ高品質な商品をご用意しております。

お得なマイプロテイン公式ページはコチラ

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

まとめ

ジムに通っているのになかなか結果が出ないのには必ず理由があります。トレーニングのやり方や食事の方法、休息期間の作り方、効率よく結果を出して痩せるためには、鍛える部位やトレーニングの頻度、栄養バランスや食事のタイミングなど、自分のライフスタイルに合っているのかも確認してみて下さい。

とりあえずジムに行って運動すれば痩せるわけでもありません。正しい方法で確実に結果を出して行きましょう!!
今回の記事で自分のトレーニングや食事の内容を見直して、理想の身体に一歩でも近づけていけるように頑張ってみて下さい。





-筋トレ・ダイエット
-, , , , ,

© 2022 proteinLab Powered by AFFINGER5