筋トレ・ダイエット

筋トレは30分以内で行うべき

初心者にありがちなミス

筋トレをこれから始められる人や、筋トレ初心者に多いことと言えば、
トレーニング時間が長すぎることである。

私も初心者で始めたばかりの頃はジムに通って平気で2時間トレーニングをやっていました。

やはり筋トレを始めるにあたって誰しも目的があって始めていますよね?
カッコいい身体になりたい。
ダイエットの為に痩せたいなど人によって目的は様々です。
しかし筋トレを始めて間もない頃は、

早く結果を出したいと思い焦っていませんか?
その早く結果を出したいと思うあまりに、
トレーニング時間が長くなっている人を自分を含めたくさん見てきました。

そうした人たちは大半途中で挫折しているケースが多いです。

筋トレは30分以内の短時間で行う

途中で挫折せずに、しっかりと筋トレの結果を出して行くにはどうするか?
答えは簡単です!

筋トレの時間を短時間に絞ることが最も効果的と言えます。
そのなかでも30分以内が最も効率がいいです。

短時間で筋トレを行う理由

短時間で筋トレを行う、その理由はトレーニング時間と集中力の持続時間が関係しています。
人間の集中力は15分サイクルと言われています。
個人差はありますが最長で90分が限度です。

ただしこの時間はオフィスワークなどに当てはめた時ですので、
筋トレを行うには集中力が普段よりも必要になってきます。

なぜならウェイトトレーニングなどは体に高負荷をかけて行う為、
トレーニングフォームなどが、とても重要になってくるからです。
フォームが崩れてしまうと、しっかりと狙った部位に負荷がかからなくなってしまいます。
こうなるとなかなか思うような結果が出なくなってしまいます。

また集中力が低下することで思わぬケガに繋がったりもするため、
トレーニングの際は出来るだけ短時間で行い、集中力を切らさない事が大切になってきます。

短時間でトレーニングをする為の方法

30分以内でトレーニングを完結する為の簡単な方法。
まず25分間を筋トレを行う時間にする(実際にトレーニング)
そして5分間を休憩に充てる。(インターバル)



仮にトレーニングを5セット行う場合は以下の様になります。
・1セット目トレーニング5分
・⇩インターバル1分
・2セット目トレーニング5分
・⇩インターバル1分
・3セット目トレーニング5分
・⇩インターバル1分
・4セット目トレーニング5分
・⇩インターバル1分
・5セット目トレーニング5分
・クールダウン1分


このように簡単にトレーニングメニューを作れます。
たった30分でこれだけのトレーニングが出来るのです。
これぐらいの時間なら集中力は落ちることなく維持できるはずです。

いつも時間がかかる人は、休憩長すぎませんか?
ジムで良くあるのが、トレーニングして休憩の間に雑誌やテレビ観てる人が多いと言うことです。
そうこうしてる間にトレーニングしてる時間よりも、
休憩時間の方が長くなってしまっているなんてことも…

せっかくトレーニングするなら集中して短時間で終わらせましょう。
だらだらやるとケガしやすくなります。

それでも時間をかけたい人へ

筋トレは30分じゃ物足りないと思う方も沢山いると思います。
昔の私もそうでした。

上級者になるとトレーニングの種目数も、細かく多くなっていきます。
その為時間が長くなっていきます。
長年やっているとしっかり集中を切らさないでトレーニングを出来るコツが分かってくると思います。

ですが初心者の内は短時間のトレーニングの方が早く結果を出せるはずです。
無理して上級者の真似をする必要はありません。

それはしっかりとトレーニングの基礎が身についてからでも遅くはないのです。
焦らずやっていきましょう。
ケガをしては続けられなくなってしまいます。

まとめ

初心者の方は特に、筋トレを行う時は出来るだけ短時間(30分以内)で
トレーニングが終了出来る様にしましょう。

短時間のトレーニングにより集中力が維持でき、
質の高いトレーニングが可能になります。
まだ長時間のトレーニングをしているのであればこの機会に改善してみて下さい。

-筋トレ・ダイエット
-, , , ,

© 2021 proteinLab Powered by AFFINGER5