プロテイン・サプリ

【筋トレ・ダイエット】に必要なプロテインの基礎知識を解説!

最近プロテインを飲み始めた方は本当に、
プロテインの事を理解していますか?
プロテインの基礎知識をしっかりと理解することで、
パフォーマンスは向上していきます。
プロテインの事をしっかり理解していない方へ向けた記事となっています。
本記事の内容
・プロテインについてしっかり解説

プロテイン基礎知識

「プロテイン」とは、たんぱく質を英語訳したもののことである。
一般的にはプロテインと聞くと、
ボディビルダーやスポーツ選手の様なアスリートだけが使う、
筋肉を増やす魔法の粉の様なイメージを持っている方がいまだに多い気がします。

偏見を持っている方はしっかりと理解して欲しい。

私たちの身体は「水」「たんぱく質」によって形成されていると言っても大袈裟ではない。
筋肉はもちろんだが、皮膚・骨・髪の毛・血液・内臓・爪なども、
たんぱく質から形成されている。

では「たんぱく質」が不足しているとどうなるかと言えば…
体のあらゆる場所に不具合が起き機能不全などの、健康機能が低下してしまう。
そのぐらい「たんぱく質」は私たちにとって「重要な栄養素」である。

たんぱく質不足による弊害とは?

「重要な栄養素」である「たんぱく質」が不足してしまうと、
身体に不調が起きたりする可能性が高くなる。

特にスポーツ選手や、運動を普段から行っている人たちは、他の方よりも多くの、
エネルギーを消費している為、その分身体に多くの「材料」が必要となってくる。

身体に必要な「材料」が不足すると、
体調不良・ケガをしやすくなる・身体の回復が遅くなる。
またボディーメイクが上手くいかないなどの弊害が出てくる。

パフォーマンス向上のためには十分な「たんぱく質」をとる必要がある。

一日に必要なたんぱく質量とは?

スポーツ選手や、普段から運動されている方が摂るべき摂取量は、
体重1Kgあたりにつき/1.2g~2.0gたんぱく質の摂取が必要とされている。
体重が60Kgの方なら、一日約120g必要となる。

これらのたんぱく質を全て食事(肉・魚・乳製品)などから摂取しようとなると、
食べる量も増えるため、普段から、あまり食事を食べれない方には辛いかもしれません。
大食いで沢山食べられる方でも
正直毎日この食生活を続けるのは大変ですよね。

 

効率的なたんぱく質摂取の方法とは?

普段の食事からでは摂取しきれない、
たんぱく質を補うためには
プロテインパウダーが最も適している。

食事のみで、たんぱく質を摂る時に比べ、
カロリーや脂質も抑えられる。
まさに理想的です。

プロテイン販売会社は年々増加傾向にあります。
これは、ようやく「たんぱく質」の重要性が世間に認知されて
需要が増えてきているとも言えるでしょう。

プロテインの効果的な摂取タイミングはいつ?

プロテイン摂取に効果的なタイミングは大きく分けて3種類ある。
1・トレーニング後30分以内(ゴールデンタイム)
2・就寝前
3・間食(食事から時間が空いてしまう時や、トレーニング開始1時間前など)

詳しい内容は別記事にて紹介する予定です。

プロテインの選び方について

プロテインを選ぶ際は次の点に注目して選ぶと良い。
・メーカー
・価格
・成分
・味(フレーバー)

特にこの中でも価格と成分に注目し
コスパ最高の物を選ぶのがいいでしょう。

なぜならプロテインにはランニングコストがかかります。
どんなに良い成分の商品でも価格が高すぎれば続けられません。
この注目ポイントなどから自分に合う物を試して見つけて行こう。

日本製の物であれば、ドラッグストア、スポーツ量販店などで手軽に買えます。
とりあえずプロテインを試してみたい方には向いています。
但し価格は海外産に比べると少し高めであるが、国産ブランドの安心感は◎

海外製の物は、主にインターネットから購入できます。
買ってから1週間前後は配送にかかるので
時間が無く今すぐ欲しい人には不向きかもしれません。



但し価格は海外製の方が安く種類も豊富な為
長期的に使うならばコストパフォーマンスの良い
海外製の物をおすすめ致します。

まとめ

「たんぱく質」は私たちの身体には必要不可欠な物です。
健康機能向上やトレーニングを効率的に行う為にも
プロテインを積極的に取り入れて行きましょう。

近年は各メーカーから様々な商品が販売されていますので
自分にあった商品を見つけてみましょう。
そのうち色々試すのが楽しくなってきます。

それでは豊かなプロテインのある生活を楽しんで行きましょう。

-プロテイン・サプリ
-, , ,

© 2021 proteinLab Powered by AFFINGER5